MENU

海外専用プリペイドカードの発行方法と使い方とは?

最近はプリペイドカードを海外に持っていくととても便利だという話をよく耳にしませんか。

 

海外専用プリペイドカードが便利なのは分かったけれど、実際にどうやって作れば良いのでしょうか。

 

申し込みから活用方法までを分かりやすくご紹介します。

 

 

インターネットで簡単に申し込める

海外専用プリペイドカードは、インターネットから簡単に申込みが可能です。

 

クレジットカードのように審査がありませんので、急いでいるときにも心配ご無用です。

 

口座が必要なタイプと不要なタイプがあるので、自分の希望に合ったタイプを選びましょう。

 

カードを受け取ってそのまま、ネットバンキングでチャージすれば現地で使える状態になりますので手間がかかりません。

 

海外渡航が間近でも急いでいても1〜3週間程度で発行可能です。

 

口座不要をあらかじめ持っていなくてもスピード発行できるプリペイドカードもラインナップも充実しています。

 

年齢は13歳からや16歳から所有できるというようにカード会社によって一定の年齢制限があります。

 

学生のお子さんに所持させる場合には、何歳から持てるカードなのかを確認しておくと良いでしょう。

 

 

使い方もとても簡単です

初めて使うから難しいのではないかと不安に思う必要はありません。

 

大まかな使い方ですが、まずは所有しているプリペイドカードの専用口座へ入金します。

 

入金したらプリペイドカード専用サイトにログインをして円から希望の外貨に換えましょう。

 

外貨をプリペイドカードにチャージすれば利用可能になります。

 

そのままクレジットカードと同様に、加盟店でキャッシュの代わりに使うことができます。

 

また、現地のATMで外貨を引き落とすことができますからとても便利です。

 

現金しか使えないチップや公共交通機関の支払いなどに必要な現金をその都度ごとに下ろすことが可能です。

 

 

まとめ

このようにインターネットで簡単に申し込みができて、審査も無くすぐに発行ができるので初めてプリペイドカードを持つ方も安心です。

 

現地で多額の現金を持ち歩くのはとても不安な方も、使い方もとてもシンプルですから、海外に行く予定がある方は事前に申し込みをしておくのがお勧めです。

このページの先頭へ