MENU

旅行に強い海外専用プリペイドカード

海外旅行に行く場合、海外専用プリペイドカードを持っていくと安心です。

 

トラブル時にもすぐに対応してもらえて、仮に紛失してもお金が使えなくて困ったということになりにくいのです。

 

 

16人に1人は海外で窃盗や紛失などに巻き込まれています

海外に行くときに心配なのは治安の悪さですよね。

 

例えば窃盗被害については日本ではちょっとの間、荷物を置いたままにしてもそうそう盗まれることはありません。

 

しかし、海外に行くと少しでも手を放したら荷物が無くなったというようなことが起こるのが日常です。

 

何人かでグルになって一人が話しかけ、もう一人がリュックのファスナーを開けて財布を盗むというような窃盗が日常的に起こっています。

 

外国で現金を持ち歩いていて紛失してしまえば、もう、戻ってくることはそうそうありません。

 

日本なら交番に行けば、財布が届いているということも多いですが、外国人から見たら日本の治安の良さの方が驚きなのです。

 

日本にいるような感覚で海外渡航をすると、痛い目に遭う方が後を絶ちません。

 

プリペイドカードを持ってしっかり万が一に備えた対策を行いましょう。

 

 

もしもの場合にもICチップやスペアカードで対応してもらえます

ICチップと暗証番号でお金をガードできますし、スペアカード付きならすぐに紛失時にも使うことができます。

 

スペアカードが付帯していなくても、仮カードを発行してもらえる会社もあるので入会前にどんなサービスがあるかを確認しておきましょう。

 

また日本語対応のサポートセンターがある会社も多いので、英語が話せなくても急なトラブルにも安心です。

 

仮に最も最悪なケースを想定して見た場合に、悪用されてしまうケースを考えても、クレジットカードは限度額が高額な場合、損失も大きくなります。

 

プリペイドカードなら使う分しかチャージしなければ、損失を最小限にすることができます。

 

ですから、海外専用プリペイドカードを持っていれば万が一、紛失したり盗難されても安心です。

 

 

ここまでのまとめ

治安の良い日本にいると防犯対策を忘れてしまいがちになります。

 

海外専用プリペイドカードは、トラブルに遭った場合を想定してあるので旅行に行くときに持っていると心強いです。

 

 

海外出張が多いなら使いまわせる

世界各国を飛び回るビジネスマンにとってその国でどうやってお金を使おうというのは結構、頭を悩ませる問題です。

 

クレジットカードや現金、トラベラーズチェック等の手段がありますが、最近はプリペイドカードを使う方が非常に増えています。

 

 

事前にチャージしておくだけで現地のお金として引き出せます

プリペイドカードはインターネットで事前に申込みをすれば1〜3週間程度で手元に届きます。

 

インターネットバンキングなどからチャージしておけば、海外に行った際にATMから簡単に現地の通貨を引き出せます。

 

ATMでお金を引き出して、ショッピングの時にカードを提示するというのは、実はクレジットカードと使い勝手は同じです。

 

大きな違いは、一旦お金を借りている状態になるのがクレジットカードに対し、プリペイドカードは所持金の中からしか引き出せないという点です。

 

また海外は日本のように安全なところは、ほとんどないと思っても良いでしょう。

 

海外で現金を持ち歩くのはとても危険だと感じている日本人の方が6割以上ですから、プリペイドカードを上手く使いこなしましょう。

 

 

出張する国の通貨に合ったカードを選びましょう

米ドルだけでは無く諸外国の通貨に対応していますので、自分が行くことのある国の通貨を想定してカードを選びましょう。

 

海外専用プリペイドカードによって、5か国の通貨対応のタイプもあれば30か国以上の通貨に対応したカードもあります。

 

自分が出張に行く国をすべて網羅したカードであれば、1枚持っているだけでいつでもどこでも使いまわせるので本当に便利ですよ。

 

チャージできる限度額が設定されている為、高額な買い物には向きません。

 

しかし持ちすぎないことで、盗難などのリスクを最小限にできるということもできます。

 

クレジットカードだとどうしても限度額まで使っても良いという誘惑に駆られますが、使い過ぎる心配が無いのもプリペイドカードのメリットです。

 

 

まとめ

以前はクレジットカードが主流でしたが、今は海外専用プリペイドカードを持つ人が徐々に増えています。

 

まだ知らずに使っていないという方も多いと思いますが、あまりにも便利で一度使えばもう手放せなくなります。

 

このページの先頭へ