MENU

海外専用プリペイドカードを選ぶ時に注目したいポイント

初めて海外専用プリペイドカードを作ろうと思った時、どんなポイントに注目して選べば良いのでしょうか。

 

うっかり見過ごしやすい点も含めてご紹介しますので、失敗したと後悔しないように自分に合ったタイプを選びましょう。

 

 

入会費や年会費など維持費にどれだけかかるのか

基本的にどの会社も入会費や年会費はほぼ無料ですが、カード発行に手数料がかかる会社も一部あります。

 

ショッピング決済時の手数料が3%〜5%程度とばらつきがあるので、他の手数料と加味しながら最適なカードを選びましょう。

 

現地でATMを利用する際の手数料も何度も使えば馬鹿にならないのでしっかりチェックしておきたい項目です。

 

口座管理手数料は、1年以上利用が無い場合などに発生することがあるので時々しか使わないという方は確認しておきましょう。

 

また、現金をカードにチャージする際に自分自身が入金しやすいような対応があるのかどうかも確認しておくと良いですね。

 

多くの現金が必要になる場合には、カードの引き出し限度額などもチェックしておくと良いでしょう。

 

未成年に持たせたい場合には、年齢制限に引っかからないかも注意すべきです。

 

 

サポートは日本語に対応しているのか

意外と見落としがちなのは、万が一の時にしっかり対応してもらえるかどうかです。

 

英語が堪能な方ならあまり意識しなくても良いかも知れません。

 

そうでなければサポートデスクが日本語に対応しているかどうかをしっかり確認しておくべきです。

 

また24時間対応しているのかどうか、緊急事態のサポートは手厚いかもチェックしておきたいですね。

 

海外は日本と違って治安が悪い地域も多いので、万が一の盗難や事故などに備えて万全の準備をしておきましょう。

 

 

まとめ

このように海外専用プリペイドカードは初めて持つ際には、チェックしたいポイントがたくさんありますね。

 

一度使ってしまえば、もっとこういうところに気を付ければ良かったということが出てくるかもしれません。

 

なるべくなら1枚で満足するようなカードを最初から発行しておくのが一番ですよね。

このページの先頭へ