MENU

海外専用プリペイドカードの人気とメリット

今、海外専用プリペイドカードを持って国外に行く方が非常に増えています。

 

どうして多くの人がプリペイドカードを持って海外に行くのか、そのメリットについてご紹介します。

 

 

クレジットカードだけではデメリットが生じてしまう

プリペイドカードがメジャーになる前は、クレジットカードを持っていけば海外は大丈夫という風に考えられていました。

 

でもクレジットカードはあくまで信販会社から一度、お金を借りるような形です。

 

お金を借りることには抵抗があるし、クレジットカードはできれば使いたくないという方も実は多いです。

 

プリペイドカードなら、自分のチャージした分の現金しか使うことができないので使い過ぎる心配もありませんし借りている訳でもありません。

 

またクレジットカードをよく使う方でも、公共交通機関に乗るときやチップで渡すお金の持ち合わせが無くて困ったという経験がある方も多いです。

 

クレジットカードだけでは限界があるので、クレジットカードとプリペイドカードを使い分けているという方も非常に増えています。

 

 

海外専用プリペイドカードなら気軽に作れてメリットが多い

プリペイドカードはカード発行が容易なので収入の少ない学生でも気軽に作れるというメリットがあります。

 

前払いをしてもらうクレジットカードとは違い、自分の預けた分しか使えないプリペイドカードは厳しい審査は一切ありません。

 

日本国内での仕事を辞めてワーキングホリデーに行くという方、学生の海外旅行や短期留学などのシーンでも気軽にカード発行が可能です。

 

クレジットカードは、自己管理がしっかりしている方でも気をつけないと誘惑に負けて使い過ぎてしまったりするリスクは誰にでもあります。

 

海外専用プリペイドカードなら、つい使い過ぎて後から青ざめてしまうというようなことがありません。

 

リスクが無いので誰にでも使いやすいというのが大きなメリットです。

 

 

まとめ

このようにクレジットカードと上手く併用する方も、クレジットカードを使いたくないという方にもメリットが大きいです。

 

海外専用プリペイドカードは、海外に行く方なら1枚は持っておくべきでしょう。

このページの先頭へ